お葬式の知識

お葬式の準備|お葬式の準備|お葬式の準備|お葬式の準備

お葬式のマナーについて

葬儀の服装

1弔問するとき
1. 訃報を知り通夜前に自宅などに弔問するときは、地味な平服にします。
2. 派手な色、柄、デザイン、肌の露出した服は避け、女性は華やかなアクセサリ-は身に着けず、化粧は濃くしません。
3. また喪服で行くと早々に不幸を予期していた様で失礼という事になります。
2弔問するとき
1. 通夜の服装には諸説ありますが、最近では礼服で参列するのが一般的です。
2. ただ外出先から通夜に参列するときは、平服のままでも構いません。
(男性は平服に黒ネクタイだけでも結び、女性は出来る限り地味な装いを)
3告別式に参列するとき
1. 告別式に参列するときの服装は礼服になります。
2. ただ故人と特に親しい間柄でない場合は、平服のままでも構いません。
(黒めの平服が望ましく、光沢のあるものは避けた方がよい)
4喪章について

喪章とは黒の腕章や胸章のことを言います。
もともとは遺族が喪に服している期間中、いつも喪服を着ているわけにもいかないので、普段着に喪を表するために喪章をつけました。
このため遺族以外の方が喪章をつける必要はなく、喪服を着ていれば喪章はつけなくてもよい事になります。

生活クラブ葬祭サービス:ページの先頭へ戻る

葬儀のマナー

1弔問のマナー

訃報を知り通夜前に自宅などに弔問するときは、先方が取り込み中という事を考えます。お悔やみや故人との対面など、失礼のない様に振る舞いたいものです。

1. 玄関先で遺族に簡潔にお悔やみを述べ、いったん引き取ります。
2. 先方から焼香を勧められたら、焼香をしてすぐに引き取ります。
3. 先方から故人との対面を勧められたら、哀悼の意をこめて対面します。
(故人と特に親しかったという場合を除いては、勧められない限り遠慮する)
4. 香典は持参せずに、通夜か告別式のときに持参します。
ただ通夜、告別式に出席できないのなら持参しても構いません。
5. ご家族は亡き故人を想い哀しみに暮れる中、葬儀の準備などで慌ただしく、看病に疲れている事もありますので長居はしないようにします。
2通夜、告別式のマナー
1. 遅刻をすると厳粛な雰囲気を乱してしまうので、少し早めに到着します。
2. 基本的には葬儀には子供を連れて行かないのがマナ-です。
やむをえず連れて行く場合は読経の時間を外しましょう。
3. 受付では簡単にお悔やみを述べます。(例:この度はご愁傷様でございます)
4. あらかじめ席順が決められているときは、案内されるままに席につきます。
それ以外は一般の席順の通例に沿って判断するとよいでしょう。
5. 遺族と近くに居合わせたときは、簡単にお悔やみを述べます。
焼香のときは遺族の方を向いて目礼するだけにします。
6. 通夜振る舞いは故人への供養と遺族の感謝の気持ちですから、勧められたら断らずに一口でも箸をつけるのがマナ-です。
宴会ではないので酔ったり、大声、笑い声はくれぐれも慎み、あまり長居をしないようにします。
3故人との対面
1. 故人が安置してある部屋に通されたら、遺族にお悔やみを述べます。
2. 故人の枕元から少し下がって、軽く両手をついて一礼します。
3. 遺族が白布を外したら少し近づき、故人に対面します。
4. 対面後、両手をついて深く一礼します。
5. 『安らかなお顔ですね』などいたわりの言葉を述べるとよいでしょう。
6. こちらから故人の死因などについて聞くのは慎みましょう。

生活クラブ葬祭サービス:ページの先頭へ戻る

告別の作法

1仏式(焼香)
1. 遺族に一礼し祭壇の前に進みます。
2. 遺影を見つめ焼香所の前に進み、左手に数珠をかけ合掌します。
3. 右手の親指、人差し指、中指で抹香を摘まみます。
4. そのまま右手を額の高さまで戴きます。(浄土真宗は戴きません)
5. 香炉に静かに落とし、再び合掌します。(回数は宗派によって違います)
6. 焼香所より2~3歩下がり、遺影、遺族に一礼します。

※焼香の作法は宗派によって違いがありますので、詳しくは僧侶にお尋ね下さい。

2神式(玉串奉奠)
1. 遺族に一礼して玉串の根元を右手、枝を左手にして受け取ります。そのまま祭壇に進み玉串を目の高さに捧げる。
2. 玉串は右手で持っている根元を手前に、左手の枝先を向こうにして(右回り)玉串を縦にします。(玉串はいつも水平に)
3. 次に左手を根元に、右手を枝先に持ちかえて捧げるようにし、右回りにして根元を向こうに、枝先を手前にする。
4. 玉串の根元を祭壇に向けて玉串案に奉奠し、2~3歩下がって二礼二拍手一礼をする(拍手は音をさせない忍び手で)。再び遺族に一礼します。

玉串奉奠の作法は地域などによって違いがありますので、詳しくは神官にお尋ね下さい。

3キリスト教式、無宗教式(献花)
1. 遺族に一礼し、献花係に一礼して花の根元を左手、花びらのほうを右手で受け取り祭壇に進みます。
2. 献花台の前で遺影に一礼し、花びらが手前に根元が向こうに向くように右回りにして縦にします。
3. 左手を持ちかえて献花台にのせます。
4. 信者でなければ軽く頭を下げて黙祷し、遺族に一礼します。

生活クラブ葬祭サービス:ページの先頭へ戻る

お香典

1仏式の表書き
1. 通夜、告別式(水引白黒、銀などで結び切り)
・御霊前(一般的に浄土真宗では使いません)
・御香奠(典)
・御香料
2. 忌明け後の法要
・御仏前
・御香奠(典)
・御香料
・御供物料
3. 僧侶への謝礼(半紙または白無地封筒)
・御布施
・御車料
・御膳料
2神式の表書き
1. 通夜祭、葬場祭(水引白黒、銀などで結び切り)
・御霊前
・御玉串料
・御榊料
2. 忌明け後の霊祭
・御神前
・御玉串料
・御榊料
3. 神官への謝礼(半紙または白無地封筒)
・御祭祀料
・御神饌料
・御車料
・御膳料
3キリスト神式の表書き
1. 前夜式、告別式(水引なしが一般的)
・御霊前(一般的にプロテスタントでは使いません)
・御花料
・献花料
2. 追悼ミサや記念式
・御花料
・献花料
3. 神父や牧師への謝礼(白無地封筒)
・献金
・謝礼
・御弥撒料(カトリック)
・忌慰料(プロテスタント)

ただ参列者される皆様は、必ずしもその葬儀の宗教や宗派を理解したうえで出席するとは限りませんので、ご自身の宗旨で表書きをされてもよいと思われます。

4香典金額の目安
故人 最多回答額 故人 最多回答額
祖父母 1万円 取引先 1万円
両親 10万円 上司 5千円から1万円
兄弟姉妹 3万円から5万円 同僚 5千円から1万円
おじ、おば 1万円 部下 5千円から1万円
親戚 1万円 勤務先社員の家族 5千円
友人、知人 5千円から1万円 近隣 5千円

(民間調査機関の調査より)

生活クラブ葬祭サービス:ページの先頭へ戻る

お悔やみの言葉、弔辞

1お悔やみの言葉
1. お悔やみの言葉のポイント
・お悔やみの言葉は、長々と話さずに簡潔にまとめます。
・使い慣れていない言葉で口ごもるよりも、自身の言葉で丁寧に伝えます。
・感情におぼれて遺族の悲しみに拍車を掛けないようにします。
・病状、死因などをくどくど聞くのは失礼です。
2. お悔やみの言葉(例)

【一般的なもの】

・この度は誠にご愁傷様でございます。心よりお悔やみ申し上げます。

【病気療養の後、亡くなったとき】

・ご看病の甲斐もなく本当に残念でございます。
ご心痛のほどお察し申し上げます。
・突然のことでお慰めの言葉もございません。
心より回復を祈っておりましたのに本当に残念でなりません。

【急死のとき】

・思いがけない悲しいお知らせを受けまして、ただ驚いております。
心からご冥福をお祈り致します。
・この度は突然のご逝去でまだ信じられません。
さぞ力落としとことでございましょう。

【世話になった人のとき】

・ご生前にはひとかたならぬお世話を頂きました。
いつかご恩返しをと思っておりましたのに、残念でございます。
・いつも心にかけていただき大変お世話になりました。
まだ教えていただきたい事がたくさんございましたのに・・・。
3. 注意する言葉

『重ね重ね』『返す返すも』『さぞさぞ』『たびたび』等、昔から弔事が重なる事を嫌って重ね言葉を避ける風習があります。気にする人もいるので注意が必要です。
また『お気の毒』等は皮肉や冷やかしにも聞き取れるので適当とはいえませんし、『死亡』『死去』等、死という言葉も直接使わないほうが無難です。

1弔辞

弔辞は故人を偲び、かけがえのない人を失った悲しみを故人に語りかけるものです。心から故人を想って、自身の言葉で書くのがよいでしょう。ただ別離の悲しみを述べるにしても感情に流されず、悲しみの表現は控えめにします。

1. 弔辞のポイント

・亡くなったことへの悲しみを述べる。(故人に呼びかける言葉で始める)
・故人と自分の関係を述べる。
・故人の生前の功績や人柄など讃える。(エピソ-ドなどを入れながら、あまり大袈裟にならない程度に讃える)
・遺族へのお悔やみと励ましを述べる。
・故人の冥福を祈り結びます。

弔辞はほとんどが遺族の自宅に保管されますので、故人を想い丁寧な字で書きましょう。
用紙は巻紙か奉書紙を使用し、薄墨できれいに清書します。それをたたんで別紙に上包みをし、弔辞と表書きをします。

生活クラブ葬祭サービス:ページの先頭へ戻る

葬儀に参列できない場合

1弔電

諸事情によって葬儀に参列できない場合、電話でのお悔やみは避けるようにしましょう。
遺族は葬儀の準備などで忙しく、様々な連絡用に電話を使用しなければなりません。こういう場合は電報(弔電)を利用するようにします。

1. 電報受付は局番なしの115番です。
2. 受取人の住所(自宅または式場)、氏名、通信文が必要です。(ごく一般的な通信文の例文はNTTで案内して頂けます)
3. 電報料金は電話料金と一緒に請求されます。
2お香典を郵送
1. 通夜、告別式とも出席できない場合には御香典を郵送します。(ただ後日、自宅などへお参りに行く場合はそのときに持参する)
2. 現金を御香典袋に入れてから現金書留の封筒に入れます。
3. 出席できない理由と、故人を偲ぶ手紙を添えると心がこもります。

生活クラブ葬祭サービス:ページの先頭へ戻る

法要に出席する場合

1法要の心得
1. 法要に招かれたら

施主側の準備を配慮して出来るだけ早く出欠の返事を出すのが礼儀です。 やむを得ない場合を除き、出来るだけ出席して故人を偲びましょう。

2. 服装

一般的に三回忌法要までは喪服の着用が好ましいですが、それ以降の法要は地味な装いであれば特に問題はありません

3. 時間

時間を厳守します。法要は少人数の集まりですので、時間に遅れることは失礼になります

4. 供物と御供物料【地域によって違いがあります】

自宅で法要が営まれる場合には、御仏前にお供えする供物を持参します。
自宅以外で法要が営まれる場合には、御供物料などを包みます。

5. 挨拶の仕方

『本日はお招きいただきまして、ありがとうございます。ご一緒にご供養させていただきます』
この程度にとどめ特にあらたまる必要はありません

6. 宴席でのマナー

法要は故人を心から偲ぶことが目的です。宴席では節度を守りましょう。

7. 退席の仕方

法要は葬儀と違って、招かれた人が勝手に帰ることは失礼にあたります。宴席の最後に施主側の挨拶があって、一同揃ってお開きとなります。

生活クラブ葬祭サービス:ページの先頭へ戻る


LINE